製品一覧

日立ダイアグモニタ HDM-3000

日立ダイアグモニタ HDM-3000

日立ダイアグモニタ HDM-3000



従来から汎用オフボードテスタ(外部故障診断装置)に求められていた、基本的な機能とさまざまな通信プロトコルへの対応、
そしてオプションによる機能拡張を実現したのが日立ダイアグモニタ/HDM-3000です。
明るく見やすい7インチの大型カラー液晶を採用し、「高度かつ広範囲な故障診断」を可能にしました。
ダイアグコードの表示と消去やデータモニタ等の基本機能はもちろん、パソコンなどの外部機器との通信機能を強化。
さらにオプションとして、自動車用排気ガス測定器やオシロスコープも用意しています。
「車両状態の分かりやすさ」を実現した、新しい時代のオフボードテスタです。


 主要機能
 ■国内乗用車8メーカー※の車両の故障診断に標準対応
  ・HDM-3000は国産乗用車の診断が標準で対応可能。
   必要な診断ソフトは、本体側CFカードに保存します。
  ※トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、ダイハツ、スズキ(2007年2月末現在)
 ■明るく見やすい大型7インチカラー液晶
  ・横型ワイド液晶を採用。
   ダイアグコードと検出条件の同時表示をはじめ、多くの情報を画面上に
   表示することが可能。さらに、カラー液晶のため、各種グラフ表示などが見やすくなったほか、
   多彩な画面デザインで、一段と使いやすくなりました。
 ■CANをはじめ、各種通信プロトコルに対応
  ・ISO/SAE規格で標準化されている通信プロトコル(ISO9141-2,J1850,CAN)
   に対応したインターフェイスボードを内蔵
 ■インターネットによるソフト通信
  ・本体側CFカード内の診断ソフトにより、スムーズに診断を行えます。
   ソフトを更新する際は、本サイトからインターネットを介して最新ソフトをスピーディに入手することが可能です。
 ■マルチタスクOSを採用
  ・マルチタスクOSを採用したことにより、外部計測データとECUデータの同時計測が可能です。
 ■USBポートを採用
  ・外部通信ポートにUSBを採用したことにより、PCをはじめとする外部機器との連携を強化できます。

メーカーリンク



 仕様
本体寸法293(W)×137(H)×69(D)mm
本体質量約1250g
電源電圧DC10-32V
消費電力Max 10W(DC12V時)
使用温湿度範囲0~+50℃(20~85%RH)
保存温湿度範囲-20~+60℃(20~85%RH)
CPUSH7705
ROM(OS)8MB
ROM(AP)256MB(CFカード)
RAM32MB
外部デバイスCFスロット × 2
標準I/FISO9141-2,J1850,CAN
PC用I/FUSB
LCD7インチカラーディスプレイ
OSμITron
操作キー14キー