製品一覧

ダイアグチェッカー HCK-DMZ

ダイアグチェッカー HCK-DMZ

ダイアグチェッカー HCK-DMZ



   単体で故障コード(DTC)を読み取り/消去ほか
   主要な診断が可能な「スタンドアロン診断」と、
   パソコンと専用アプリでより高度な診断が可能な「With PC 診断」
   選べる2通りの診断方法で多様な診断ニーズにお応えする2way診断ツールです。


 ◇スタンドアロン診断の主要機能

 ■故障コードの読み取り/消去
  ・対応システムのコントロールユニットが記憶した故障コード(DTC)
   を表示したり、消去することができます。
 ■作業サポート
  ・アクチュエータ類を一時的に停止/駆動させて整備作業の補助を行います。
  ・部品交換作業の補助として、センサの初期化や学習を実施します。
 ■エンジンシステム診断
  ・エンジンの各種データを取得して、エンジンの状態を表示する、
   エンジンシステム診断機能を搭載しています。
  ※グローバルOBDⅡ通信のみの対応となります。
  【注意事項】
  本機能の参考値及び診断結果は、あくまで参考情報で自動車および部品の
  性能を保証するものではありません。
 ■データモニタ
  ・グローバルOBDⅡ通信にてカレントデータ(現在データ)を取得して表示します。
   また、取得時間ごとのデータの保存が可能です。
  ※グローバルOBDⅡ通信のみの対応となります。
 ■レディネスコード読み取り
  ・グローバルOBDⅡ通信にて異常診断装置による異常診断が適切に作動しているか
   を識別するため、診断時の履歴データを取得して表示させます。
   また、取得時間毎のデータの保存が可能です。
  ※グローバルOBDⅡ通信のみの対応となります。
 ■フリーズフレームデータ読み取り
  ・車両にトラブルが発生した時ECUに記憶されたエンジンやセンサの状態
   を取得して表示させます。
 ■データロガー
  ・保存が選択されるまでの時間データと測定値データを断続的に記録する
   データロガー機能として働きます。
  ※グローバルOBDⅡ通信のみの対応となります。
 ■プリンター内蔵
  ・HCK-DMZは、搭載プリンターで診断結果をプリントアウトできます。
   エンジンシステム診断機能を搭載しており、お客様の車両の状態を簡易チェックし、
   結果を診断シートとして作成します。
   診断シートはプリントアウトすることも可能です。


 ◇With PC診断の主要機能

 ■国内乗用車8メーカー・国内トラック3メーカーでのデータモニタに対応
  ・各センサやアクチュエーターの動作状況を数値およびグラフでリアルタイムに表示。
  ・保存したデータを基に、整備解説書の参考値を比較することで、電子制御システムを
   チェックできます。
 ■アクティブテスト対応
  ・センサからの信号を切り離して、診断機からの命令で各コントロールユニットに
   アクチュエーターを作動させる機能です。


 メーカーリンク


 ◇ソフトウェア機能比較
ソフト区分スタンドアロン診断With PC診断※1
診断メーカー乗用車+トラック※2グローバルOBDⅡ乗用車+トラック※2グローバルOBDⅡ
診断項目DTC表示/消去
フリーズフレームデータ表示
作業サポート
取得データ保存・再表示
データモニタ
アクティブテスト
PCデータセーバー機能
※1.PC用診断アプリケーションは別売です。
※2.2012年6月現在、トラックの対応機能は、故障コード読み取り/消去のみとなります。


 ◇主な仕様
表示部LCD(ドット表示:128×64ドット)日本語表示対応
使用温度・湿度0~40℃、80%rh以下(ただし結露のないこと)
保存温度・湿度-20~60℃、70%rh以下(ただし結露のないこと)
動作電源電圧DC10~32V(OBDⅡコネクター接続時)
寸法248mm(H)×96mm(W)×50mm(D)
質量約550g(プリンター用紙含まず)